オキシトシン

オキシトシンで社交的になれる?自閉症を治せる?

下垂体後葉ホルモンとして知られるオキシトシンは、母親がわが子を抱いたり、恋人同士が手をつないだり、お互いがスキンシップをとることにより分泌が促進されるホルモンです。

脳への作用は、相手への愛情や信頼の気持ちを高めるというもので、この点が注目され「愛情ホルモン」や「信頼ホルモン」などと呼ばれ、今大きな注目を集めています。

そのような中で、オキシトシンを投与することにより社交的になれたり、自閉症を改善できるかもしれないという仮説のもと、治療への応用の可能性が模索されています。

スタンフォード大学などの研究によれば、オキシトシンの血中濃度は自閉スペクトラム症を発症するかしないかにはあまり関係がないようですが、自閉症ありのグループでも、なしのグループでも、その血中濃度と社交困難の程度には有意に反比例の関係があると判明したそうです。

日本では、東京大学、金沢大学、名古屋大学、福井大学の共同研究チームにより、オキシトシン経鼻スプレーの自閉スペクトラム症への臨床試験が行われています。

この臨床試験の結果、有効性や安全性が確認されれば、社交性向上や自閉症改善を目指したオキシトシンの臨床応用計画も大きく前進することになるでしょう。

自閉症改善の薬

オキシトシンは自閉症改善の薬としても使用されている
自閉症は脳の発達障害によって相手の感情を読み取ったり、その場にふさわしい適切な行動を取ることが出来ない為、学校や職場などでトラブルを起こしやすくなります。そういった事を改善してくれるのがオキシトシンという薬です。

オキシトシンは脳から分泌されるホルモンで、家族やペットと触れ合ったり感動した時などに出るホルモンです。

幸せホルモンとも呼ばれておりオキシトシンの分泌量が多い人は幸せを感じる事が多い他、気持ちが安定し人を信頼する気持ちが強くなります

自閉症の人にオキシトシンを投与すると脳のコミュニケーションを司る部分が活性化するため、他の人の気持ちを読み取る力が増します。

その為相手が怒っているのか楽しい気持ちでいるのかがわかるようになり、その場にふさわしい適切な対応ができるようになるのです。

その結果学校や職場で良い人間関係を作ることができ、安定した社会生活を送れるようになります。

オキシトシンの投与は点鼻薬によって行われます。鼻にスプレーするだけで良いのでとても簡単で、脳内で分泌されているホルモンなので安全です。ただし陣痛誘発や分娩促進をする働きもあるため、妊娠している女性は使用することができません。

好奇心を向上させる?

オキシトシンはもともと妊娠や出産のプロセスを早める物質として発見され、子宮平滑筋を収縮させることにより分娩を誘発したり、乳腺周囲の筋上皮細胞を収縮させることにより乳汁分泌を促進する作用が知られていました。

このような経緯から、オキシトシンは女性に特有のホルモンであるという認識が流布していましたが、実は男女関係なく分泌されるホルモンであり、脳や末梢組織に多様な作用をもたらしていることがわかってきています。

オキシトシンは母親がわが子を抱いたときや恋人同士が手をつないだときなど、スキンシップをとることにより分泌が促進され、中枢性の作用として相手への愛情や信頼の気持ちを高めるという効果が知られています。

このことから「愛情ホルモン」あるいは「信頼ホルモン」などと呼ばれており、現在注目を集めています。

愛情や信頼の感情が高まると同時に、不安や恐怖の感情が軽減され、相手に関わろうとする社交性や相手のことを知ろうとする好奇心が高まります。

このような性質を利用して、オキシトシンの投与により社交性や好奇心の向上を図ったり、自閉症の症状の改善を図る試みがなされており、実際に臨床の現場で用いられるようになる日も近いでしょう。

薬物依存症や禁断症状

薬物依存症や禁断症状の緩和にも効果的
オキシトシンは、脳下垂体後葉から分泌されるホルモンの一種で、幸せホルモン、愛情ホルモンとも呼ばれています。

人間関係を築く際に必ず存在する成分です。

家族や友人、恋人との関係をより良くするためにはオキシトシンが不可欠だと言うことができます。

この幸せホルモンを分泌させるには、スキンシップが効果的で、頭を撫でてあげるだけでも分泌されます。

親子や恋人同士、ペットとのふれあいで分泌され人を幸せにすることができるのです。

この幸せホルモンは社交性に作用し、信頼の気持ちを高めます。

協調性も高まるので、仲間と協力する気持ちや人のために何かをしてあげたいという気持ちを生み出します。

さらにアスペルガー症候群など自閉症の症状改善にも役立つと言われており研究がさかんに行われています。

また、いくつかの研究で、オキシトシンはアルコール、タバコそして薬物の依存症と禁断症状を緩和する効果があるという報告が発表されています。

ある実験ではオキシトシンを大量に投与したラットはアルコールを受け付けられなくなることが分かったと言います。

このようにオキシトシンはアルコールをはじめとした薬物依存症の治療薬開発の一助となることにも期待が寄せられています。

続きを読む

異性や動物とスキンシップすることで分泌できる

オキシトシンとは、9つのアミノ酸からなるホルモンです。

昔は赤ちゃんに母乳を与えるときや出産時に陣痛を促すホルモンとして知られていましたが、医療の発達と研究により新たな効果が発見されています。

幸福ホルモンや愛情ホルモンとも呼ばれています。これが、からだに与える効果は鎮痛効果やストレス緩和などがあります。

これは女性だけの効果ではありません。性別や年齢は関係なく分泌することが研究により分かりました。

そんなメリットが多いオキシトシンを増やす方法は異性や動物とのスキンシップで可能です。

配偶者や恋人がいる場合、性行為やふれあいで増やすのが一般的です。現在、パートナーがいない方は動物とスキンシップをすることで増やすことができます。

自宅で飼っている犬や猫と遊んだり、甘えたりすることで分泌することが可能です。

オキシトシンが多く分泌されている方の特徴として挙げられるのは、両者との関係や絆が人一倍ある方でしょう。

オキシトシンを増やすために必要なことはコミュニケーションです。現在、世界中でパソコンやスマートフォンが普及しています。

日本でもチャットやメールを使うことが一般的となり、自分のからだの一部を使ってコミュニケーションをすることが減りました。

オキシトシンを増加させたい場合は、なるべくこのような便利なツールを使用することは控えた方が良いです。

犬や猫

オキシトシンは犬や猫などペットとのスキンシップでも分泌される
オキシトシンは「幸せホルモン」、「愛情ホルモン」などと言われるホルモンです。

脳の下垂体後葉から分泌されるホルモンで、心に作用し、信頼する気持ちを強めると言われています。

また、妊娠出産、授乳にも深く関わっており、子宮を収縮させ、お産を促したり、母乳を分泌させる効果があります。

男女問わず、人との信頼関係・愛情関係から分泌されるホルモンで、人や動物と触れ合うことで、触れられた側、触れた側の両者ともにオキシトシンが分泌され、幸福を感じることができます。

このホルモンはスキンシップによって分泌され、ストレスの緩和、鎮痛効果、血圧を下げる、などの効果が期待できます。

オキシトシンが十分に分泌されていると、脳の疲れが癒され、気分が安定し、心地よい幸福感を感じることができます。

だから、家族や恋人とのスキンシップはとても大切。

一人暮らしだという人も大丈夫です。

犬や猫などのペットとのスキンシップでもオキシトシンは分泌されます。

愛犬と遊んだり、撫でてあげたりしていると日常生活のストレスを忘れるほど癒されるという経験は誰でもあると思います。

あの癒される感覚がオキシトシンによるものなのです。

現代社会は人との触れ合いが不足しているため、この幸せホルモンが出にくい環境にあります。

しかし、ペットとの触れ合いでも幸せホルモンが出ることが分かっているので、ストレスが溜まっていると感じたら、たくさんペットと遊んで幸せホルモンを分泌させましょう。

良質の睡眠を促すホルモン オキシトシン

オキシトシンは幸せホルモンと呼ばれていますが、最近の研究では睡眠を促す効果があるということが分かってきました。

睡眠に大切な脳内物質として有名なのがセロトニンですが、オキシトシンはこのセロトニンの働きを助けることが分かったのです。
オキシトシンが分泌されると人は幸せな気分を味わうことができます。
精神的な疲れが癒されると脳までリラックスした状態になり、不安が解消され安心感が増します。
脳がこのように落ちついた状態になると、副交感神経が優位な状態となります。
副交感神経が優位な状態であればセロトニンが活発に働くことができ、睡眠に入る時に必要なホルモンであるメラトニンが多く分泌されます。
オキシトシンは対人的なふれあいの時にとくに多く分泌されますが、動物が毛づくろいをしあっている時や、母親が赤ちゃんを抱っこしている時にうとうと眠くなる状態がまさにオキシトシンの分泌が睡眠を促す状態の良い例です。

相互にあたたかいふれあいを感じると、人の心はりラックし、安定して眠りにつく事が出来ます

また、これとは逆に、ストレスホルモンと呼ばれるコルチゾールやノルアドレナリンを抑制して、眠りを妨げるホルモンに対する耐性を強めてくれます。

続きを読む

ストレスを緩和してくれる物質

オキシトシンはホルモンの一種です。

別名幸せホルモンとか、癒しのホルモンなどと言われる理由は、ストレスを緩和してくれるからです。

そのオキシトシンはどのような時に分泌されるかというと、恋人とスキンシップを取っている時、家族との食事やレジャーなどのだんらんの時、ペットを可愛がっている時、友人と楽しく遊んでいる時など、他者とあたたかく触れあっている時に特に多く分泌されます。

オキシトシンが分泌されるとどのような効果があるか、心理的な実験がなされ、実証されてきました。

オキシトシンが分泌されている時人は幸わせを感じ、それまでのストレスが緩和する、将来への不安や悩みにとらわれる時間が減る、人との関わりを積極的になる、そういったプラスの心理的作用がたくさんあります。

この心理的なプラスの作用は身体的にもプラスの作用をもたらします。

代謝が良くなる事で免疫力が上がり、感染症や持病の悪化を防ぐ、血流が良くなることで、学習能力が向上したり、認知的な機能の衰えを改善したり、記憶力を良くすることなどにつながることが分かっています。

逆の事も言えるので、オキシトシンが不足すると不安が強くなり、ストレスを感じやすくなります。

良い作用を受けられるよう日常的に意識していきたいものです。

続きを読む

恋人とのスキンシップで抱擁ホルモン、オキシトシンの分泌をうながそう

恋人と仲が良く、関係が上手くいっている人は、幸せで満ち足りた表情をしていることが多いですが、これは心理的、精神的なものの他にホルモンも関係しています。

人間関係が良好だとオキシトシンというホルモンが脳の中で分泌され、幸せ感、充足感を味わうことができるため、恋人との関係が良好な人は楽しい、嬉しい、幸せといったことを神経レベルで無意識的にも感じ取って幸せオーラに包まれているのです。

オキシトシンは科学的な呼称ですが、その性質から幸せホルモン、愛情ホルモンとも呼ばれます。

また親子、特に母子の関係や恋人同士などスキンシップや抱擁を伴う関係でも多く観察できるため、抱擁ホルモンとも呼ばれています。

オキシトシンの効果は、無防備な赤ちゃんの時にあたたかな母親の胸に抱かれていた無限の安心感と似ています。

安心感、充足感、幸せ感、癒し感に包まれるので、不安、恐怖から解放され、闘争心や攻撃性が減少し、お互いへの愛情、好意、信頼感、一体感などが増して、人間関係もさらに良くなっていくと考えられています

この抱擁ホルモンはもちろん、抱擁や愛撫、マッサージなど肌と肌のふれあいによって分泌されますが、肉体的な接触が取りづらい場合は、会話、おしゃべり、会食、一緒にお酒を飲む、家族団欒の場を持つことでもある程度の効果は期待できます。上手にスキンシップを取り入れて、さらに人間関係を深めてくださいね。

オキシトシンは母親との思い出をより良いものにする

オキシトシンは「愛情、信頼ホルモン」として注目されており、脳へ分泌された場合の中枢性の作用として相手への愛情、信頼が高まると同時に、それに付随する効果として、不安や恐怖を軽減させることが知られています。

これはハグやキスなど、相手とのスキンシップにより分泌が促進されたオキシトシンが、精神を安定させる作用がある脳内セロトニンを増加させたり、恐怖の感情と結びつきのある脳の扁桃体という部位の活動を抑制させるからと考えられています。

とある英国の学術誌によれば、実験の結果、オキシトシンは男性の母親に対する思い出をより良いものにする効果があったと報告されています。

この研究は31人の男性を対象に行われたもので、男性たちにオキシトシンが投与され、母子の記憶がどのように変化するかを調査したものです。

結果は、過去に母親と良い関係を持っていた被験者は、母子の思い出がより素晴らしいものとなり、過去の母親との関係があまり良くなかった被験者でも、母親に対する恐怖や怒り等の負の感情の低下が認められたということでした。

この実験結果から、オキシトシンは今現在の感情だけでなく、過去の記憶にまで影響を及ぼすということがわかります。

続きを読む

発情を促進する恋愛ホルモン:出産後の母乳も

オキシトシンには恋愛ホルモンとの別名があります。

夫婦や恋人と抱き合う、キスをするなどのスキンシップを取る時に恋愛ホルモンが多量に分泌されるため、幸せを感じることが増えるのですが、相手の事を考えているだけでもこのホルモンは分泌されるのです。

そのため、恋愛時には通常の精神状態よりオキシトシンが多量に分泌され、幸せを感じることが多くなります。

幸せを感じるとまた、スキンシップを取りたいという欲求が高まるため、発情を促進する作用があるという良い循環が続いて行くのです。

恋は盲目と言いますが、それに近い脳内が幸せな状態が続くのです。

特に女性は恋愛時にオキシトシンが分泌されやすいのですが、妊娠出産に大きく関わる生理周期でも変わってきます。

排卵前にはこのホルモンが増え、発情を促進し、受胎率が上がるという動物実験の結果も出ているくらいです。

女性も排卵前には性的な欲求が高まると言われていますが、それはこのオキシトシンの作用によるものです。

オキシトシンの分泌が引き起こす、相手を抱きしめたい、触れたいなどの感情、欲求が性的な発情につながるため、この期間の女性は非常に魅力的だという説もありますが、子孫を残すための動物に備わる自然な能力だともいえます。

出産後のオキシトシンで母乳

赤ちゃんを育てるために不可欠なのが母乳です。母乳育児に取り組んでいる産院は多く、産後すぐに母子同室となって完全母乳での育児を推奨するしくみになっています。

ですが、すべてのお母さんが出産後すぐに問題なくお乳が出るようになるわけではありません。それどころか、最初からスムーズにお乳が出るお母さんの方が少ないのです。

産前にそういった知識がないことから、お乳がでないことに困惑してしまい、そこから育児に行き詰まってしまうというケースも少なくないのです。

そこで重要なのが、お乳がでるしくみを知っておくということです。カギとなるキーワードは「オキシトシン」です。

オキシトシンは幸せホルモンとも呼ばれており、乳腺葉の筋上皮細胞を収縮させる働きをしてくれます。

それによって乳が乳管に流れ込んできて、お乳が出る準備が整うのです。ではそのオキシトシンの分泌を活発にするためにはどうしたらよいのでしょうか。

オキシトシンは、お母さんが赤ちゃんのことを考えたり、お乳を吸わせてあげて幸せな気分になると分泌が盛んになります。

オキシトシンが分泌されるとお乳を押し出す働きをしてくれるので、出産後すぐに上手にお乳を飲ませてあげることができなくても、まずはたくさん吸わせることが大事です。

脳の下垂体後葉

脳の下垂体後葉から分泌されるオキシトシンの驚くべき効果
最近オキシトシンが別名「幸せホルモン」などと呼ばれて注目を浴びていることはご存知でしょうか。

脳の下垂体後葉から分泌されるホルモンの一種ですが、もともと女性の出産前後に分泌されることで知られています。

オキシトシンには陣痛の痛みを和らげたり、母乳を出す際に分泌されることで子供への愛情を増す作用があることは以前から注目されていましたが、最近の研究では脳や心を癒してストレスを軽減させたり、学習や発達を促す働きがあったり、心臓の機能を賦活化させる、免疫力を上げるなどの効能があることがわかってきて、現代のストレス社会で重要な働きをすることが注目されてきています。

オキシトシンは、信頼できる人とのスキンシップや会話、ハグやペットとの触れ合いによって分泌されることが分かってきました。

好きな人や心を許せるペットと一緒にいると気持ちがホッとするのは、このオキシトシンがまさに出ている状態だからと言えるでしょう。

また特定の恋人などがいない人でも、何かに感動したり思いやりのある行動を行ったり、友達との楽しい会話でもオキシトシンが出ることが分かっているので、日頃のストレスが溜まって疲れやすいなと感じたときには、そういった行動をとって意識的に幸せホルモンを出そうと心がけると、効果的にストレスを解消できるかもしれません。

不安や恐怖を減少させる?

オキシトシンは中枢神経において神経伝達物質として働く以外に、「愛情ホルモン」として脳に作用したり、血液中に放出されることにより、ホルモンとして末梢組織に作用し、分娩誘発や乳汁分泌促進などをもたらします。

愛情ホルモンとしてのオキシトシンは母子の抱擁や恋人同士の性行為など、互いのスキンシップにより分泌が促進され、幸福感や相手への愛情、信頼感を高める効果があり、同時に不安や恐怖を和らげる効果もあります。

これはオキシトシンが精神安定を司るセロトニンの放出を促進したり、恐怖の感情に関連の深い扁桃体の活動を抑制するからと考えられています。

ところが、最近の研究ではこれに矛盾するかのような作用が明らかになっています。

それはオキシトシンが不安や恐怖を減少させるのではなく、むしろ増幅させてしまったり、過去の苦い思い出や辛い経験の記憶を増強させてしまうというものです。

母親の体内では、出産時、授乳時、わが子と触れ合っているときなどにオキシトシンの分泌が促進され、わが子への愛情が増しますが、同時に育児に積極的でないパートナーなど、他者への攻撃性が高まり、イライラの感情が生まれることがあります。

現段階では、一筋縄では捉えられない物質と言わざるをえません。

続きを読む

▲ページトップに戻る