好奇心向上

好奇心を向上させる?

オキシトシンはもともと妊娠や出産のプロセスを早める物質として発見され、子宮平滑筋を収縮させることにより分娩を誘発したり、乳腺周囲の筋上皮細胞を収縮させることにより乳汁分泌を促進する作用が知られていました。

このような経緯から、オキシトシンは女性に特有のホルモンであるという認識が流布していましたが、実は男女関係なく分泌されるホルモンであり、脳や末梢組織に多様な作用をもたらしていることがわかってきています。

オキシトシンは母親がわが子を抱いたときや恋人同士が手をつないだときなど、スキンシップをとることにより分泌が促進され、中枢性の作用として相手への愛情や信頼の気持ちを高めるという効果が知られています。

このことから「愛情ホルモン」あるいは「信頼ホルモン」などと呼ばれており、現在注目を集めています。

愛情や信頼の感情が高まると同時に、不安や恐怖の感情が軽減され、相手に関わろうとする社交性や相手のことを知ろうとする好奇心が高まります。

このような性質を利用して、オキシトシンの投与により社交性や好奇心の向上を図ったり、自閉症の症状の改善を図る試みがなされており、実際に臨床の現場で用いられるようになる日も近いでしょう。

オキシトシン

続きを読む

▲ページトップに戻る