オキシトシンで社交的になれる?自閉症を治せる?

下垂体後葉ホルモンとして知られるオキシトシンは、母親がわが子を抱いたり、恋人同士が手をつないだり、お互いがスキンシップをとることにより分泌が促進されるホルモンです。

脳への作用は、相手への愛情や信頼の気持ちを高めるというもので、この点が注目され「愛情ホルモン」や「信頼ホルモン」などと呼ばれ、今大きな注目を集めています。

そのような中で、オキシトシンを投与することにより社交的になれたり、自閉症を改善できるかもしれないという仮説のもと、治療への応用の可能性が模索されています。

スタンフォード大学などの研究によれば、オキシトシンの血中濃度は自閉スペクトラム症を発症するかしないかにはあまり関係がないようですが、自閉症ありのグループでも、なしのグループでも、その血中濃度と社交困難の程度には有意に反比例の関係があると判明したそうです。

日本では、東京大学、金沢大学、名古屋大学、福井大学の共同研究チームにより、オキシトシン経鼻スプレーの自閉スペクトラム症への臨床試験が行われています。

この臨床試験の結果、有効性や安全性が確認されれば、社交性向上や自閉症改善を目指したオキシトシンの臨床応用計画も大きく前進することになるでしょう。

オキシトシン

▲ページトップに戻る