オキシトシンは犬や猫などペットとのスキンシップでも分泌される

オキシトシンは「幸せホルモン」、「愛情ホルモン」などと言われるホルモンです。

脳の下垂体後葉から分泌されるホルモンで、心に作用し、信頼する気持ちを強めると言われています。

また、妊娠出産、授乳にも深く関わっており、子宮を収縮させ、お産を促したり、母乳を分泌させる効果があります。

男女問わず、人との信頼関係・愛情関係から分泌されるホルモンで、人や動物と触れ合うことで、触れられた側、触れた側の両者ともにオキシトシンが分泌され、幸福を感じることができます。

このホルモンはスキンシップによって分泌され、ストレスの緩和、鎮痛効果、血圧を下げる、などの効果が期待できます。

オキシトシンが十分に分泌されていると、脳の疲れが癒され、気分が安定し、心地よい幸福感を感じることができます。

だから、家族や恋人とのスキンシップはとても大切。

一人暮らしだという人も大丈夫です。

犬や猫などのペットとのスキンシップでもオキシトシンは分泌されます。

愛犬と遊んだり、撫でてあげたりしていると日常生活のストレスを忘れるほど癒されるという経験は誰でもあると思います。

あの癒される感覚がオキシトシンによるものなのです。

現代社会は人との触れ合いが不足しているため、この幸せホルモンが出にくい環境にあります。

しかし、ペットとの触れ合いでも幸せホルモンが出ることが分かっているので、ストレスが溜まっていると感じたら、たくさんペットと遊んで幸せホルモンを分泌させましょう。

オキシトシン

▲ページトップに戻る