出産後のオキシトシンで母乳を。

赤ちゃんを育てるために不可欠なのが母乳です。母乳育児に取り組んでいる産院は多く、産後すぐに母子同室となって完全母乳での育児を推奨するしくみになっています。

ですが、すべてのお母さんが出産後すぐに問題なくお乳が出るようになるわけではありません。それどころか、最初からスムーズにお乳が出るお母さんの方が少ないのです。

産前にそういった知識がないことから、お乳がでないことに困惑してしまい、そこから育児に行き詰まってしまうというケースも少なくないのです。

そこで重要なのが、お乳がでるしくみを知っておくということです。カギとなるキーワードは「オキシトシン」です。

オキシトシンは幸せホルモンとも呼ばれており、乳腺葉の筋上皮細胞を収縮させる働きをしてくれます。

それによって乳が乳管に流れ込んできて、お乳が出る準備が整うのです。ではそのオキシトシンの分泌を活発にするためにはどうしたらよいのでしょうか。

オキシトシンは、お母さんが赤ちゃんのことを考えたり、お乳を吸わせてあげて幸せな気分になると分泌が盛んになります。

オキシトシンが分泌されるとお乳を押し出す働きをしてくれるので、出産後すぐに上手にお乳を飲ませてあげることができなくても、まずはたくさん吸わせることが大事です。

オキシトシン

▲ページトップに戻る