異性や動物とスキンシップすることで分泌できる

オキシトシンとは、9つのアミノ酸からなるホルモンです。

昔は赤ちゃんに母乳を与えるときや出産時に陣痛を促すホルモンとして知られていましたが、医療の発達と研究により新たな効果が発見されています。

幸福ホルモンや愛情ホルモンとも呼ばれています。これが、からだに与える効果は鎮痛効果やストレス緩和などがあります。

これは女性だけの効果ではありません。性別や年齢は関係なく分泌することが研究により分かりました。

そんなメリットが多いオキシトシンを増やす方法は異性や動物とのスキンシップで可能です。

配偶者や恋人がいる場合、性行為やふれあいで増やすのが一般的です。現在、パートナーがいない方は動物とスキンシップをすることで増やすことができます。

自宅で飼っている犬や猫と遊んだり、甘えたりすることで分泌することが可能です。

オキシトシンが多く分泌されている方の特徴として挙げられるのは、両者との関係や絆が人一倍ある方でしょう。

オキシトシンを増やすために必要なことはコミュニケーションです。現在、世界中でパソコンやスマートフォンが普及しています。

日本でもチャットやメールを使うことが一般的となり、自分のからだの一部を使ってコミュニケーションをすることが減りました。

オキシトシンを増加させたい場合は、なるべくこのような便利なツールを使用することは控えた方が良いです。

オキシトシン

▲ページトップに戻る