脳の下垂体後葉から分泌されるオキシトシンの驚くべき効果

最近オキシトシンが別名「幸せホルモン」などと呼ばれて注目を浴びていることはご存知でしょうか。

脳の下垂体後葉から分泌されるホルモンの一種ですが、もともと女性の出産前後に分泌されることで知られています。

オキシトシンには陣痛の痛みを和らげたり、母乳を出す際に分泌されることで子供への愛情を増す作用があることは以前から注目されていましたが、最近の研究では脳や心を癒してストレスを軽減させたり、学習や発達を促す働きがあったり、心臓の機能を賦活化させる、免疫力を上げるなどの効能があることがわかってきて、現代のストレス社会で重要な働きをすることが注目されてきています。

オキシトシンは、信頼できる人とのスキンシップや会話、ハグやペットとの触れ合いによって分泌されることが分かってきました。

好きな人や心を許せるペットと一緒にいると気持ちがホッとするのは、このオキシトシンがまさに出ている状態だからと言えるでしょう。

また特定の恋人などがいない人でも、何かに感動したり思いやりのある行動を行ったり、友達との楽しい会話でもオキシトシンが出ることが分かっているので、日頃のストレスが溜まって疲れやすいなと感じたときには、そういった行動をとって意識的に幸せホルモンを出そうと心がけると、効果的にストレスを解消できるかもしれません。

オキシトシン

▲ページトップに戻る