オキシトシン

恋人とのスキンシップで抱擁ホルモン、オキシトシンの分泌をうながそう

恋人と仲が良く、関係が上手くいっている人は、幸せで満ち足りた表情をしていることが多いですが、これは心理的、精神的なものの他にホルモンも関係しています。

人間関係が良好だとオキシトシンというホルモンが脳の中で分泌され、幸せ感、充足感を味わうことができるため、恋人との関係が良好な人は楽しい、嬉しい、幸せといったことを神経レベルで無意識的にも感じ取って幸せオーラに包まれているのです。

オキシトシンは科学的な呼称ですが、その性質から幸せホルモン、愛情ホルモンとも呼ばれます。

また親子、特に母子の関係や恋人同士などスキンシップや抱擁を伴う関係でも多く観察できるため、抱擁ホルモンとも呼ばれています。

オキシトシンの効果は、無防備な赤ちゃんの時にあたたかな母親の胸に抱かれていた無限の安心感と似ています。

安心感、充足感、幸せ感、癒し感に包まれるので、不安、恐怖から解放され、闘争心や攻撃性が減少し、お互いへの愛情、好意、信頼感、一体感などが増して、人間関係もさらに良くなっていくと考えられています

この抱擁ホルモンはもちろん、抱擁や愛撫、マッサージなど肌と肌のふれあいによって分泌されますが、肉体的な接触が取りづらい場合は、会話、おしゃべり、会食、一緒にお酒を飲む、家族団欒の場を持つことでもある程度の効果は期待できます。上手にスキンシップを取り入れて、さらに人間関係を深めてくださいね。

オキシトシン

続きを読む

発情を促進する恋愛ホルモン

オキシトシンには恋愛ホルモンとの別名があります。

夫婦や恋人と抱き合う、キスをするなどのスキンシップを取る時に恋愛ホルモンが多量に分泌されるため、幸せを感じることが増えるのですが、相手の事を考えているだけでもこのホルモンは分泌されるのです。

そのため、恋愛時には通常の精神状態よりオキシトシンが多量に分泌され、幸せを感じることが多くなります。

幸せを感じるとまた、スキンシップを取りたいという欲求が高まるため、発情を促進する作用があるという良い循環が続いて行くのです。

恋は盲目と言いますが、それに近い脳内が幸せな状態が続くのです。

特に女性は恋愛時にオキシトシンが分泌されやすいのですが、妊娠出産に大きく関わる生理周期でも変わってきます。

排卵前にはこのホルモンが増え、発情を促進し、受胎率が上がるという動物実験の結果も出ているくらいです。

女性も排卵前には性的な欲求が高まると言われていますが、それはこのオキシトシンの作用によるものです。

オキシトシンの分泌が引き起こす、相手を抱きしめたい、触れたいなどの感情、欲求が性的な発情につながるため、この期間の女性は非常に魅力的だという説もありますが、子孫を残すための動物に備わる自然な能力だともいえます。

オキシトシン

続きを読む

脳の下垂体後葉から分泌されるオキシトシンの驚くべき効果

最近オキシトシンが別名「幸せホルモン」などと呼ばれて注目を浴びていることはご存知でしょうか。

脳の下垂体後葉から分泌されるホルモンの一種ですが、もともと女性の出産前後に分泌されることで知られています。

オキシトシンには陣痛の痛みを和らげたり、母乳を出す際に分泌されることで子供への愛情を増す作用があることは以前から注目されていましたが、最近の研究では脳や心を癒してストレスを軽減させたり、学習や発達を促す働きがあったり、心臓の機能を賦活化させる、免疫力を上げるなどの効能があることがわかってきて、現代のストレス社会で重要な働きをすることが注目されてきています。

オキシトシンは、信頼できる人とのスキンシップや会話、ハグやペットとの触れ合いによって分泌されることが分かってきました。

好きな人や心を許せるペットと一緒にいると気持ちがホッとするのは、このオキシトシンがまさに出ている状態だからと言えるでしょう。

また特定の恋人などがいない人でも、何かに感動したり思いやりのある行動を行ったり、友達との楽しい会話でもオキシトシンが出ることが分かっているので、日頃のストレスが溜まって疲れやすいなと感じたときには、そういった行動をとって意識的に幸せホルモンを出そうと心がけると、効果的にストレスを解消できるかもしれません。

オキシトシン

続きを読む

睡眠を促すホルモン

良質の睡眠を促すホルモン オキシトシン

オキシトシンは幸せホルモンと呼ばれていますが、最近の研究では睡眠を促す効果があるということが分かってきました。

睡眠に大切な脳内物質として有名なのがセロトニンですが、オキシトシンはこのセロトニンの働きを助けることが分かったのです。
オキシトシンが分泌されると人は幸せな気分を味わうことができます。
精神的な疲れが癒されると脳までリラックスした状態になり、不安が解消され安心感が増します。
脳がこのように落ちついた状態になると、副交感神経が優位な状態となります。
副交感神経が優位な状態であればセロトニンが活発に働くことができ、睡眠に入る時に必要なホルモンであるメラトニンが多く分泌されます。
オキシトシンは対人的なふれあいの時にとくに多く分泌されますが、動物が毛づくろいをしあっている時や、母親が赤ちゃんを抱っこしている時にうとうと眠くなる状態がまさにオキシトシンの分泌が睡眠を促す状態の良い例です。

相互にあたたかいふれあいを感じると、人の心はりラックし、安定して眠りにつく事が出来ます

また、これとは逆に、ストレスホルモンと呼ばれるコルチゾールやノルアドレナリンを抑制して、眠りを妨げるホルモンに対する耐性を強めてくれます。

オキシトシン

続きを読む

▲ページトップに戻る